5月14日Live決定!

ありゃ、もう2月も21日を過ぎたので前回のブログから1ヶ月以上経ってしまった。あいかわらず日々時間が加速しているようで、人生あっというう間なんだなぁ...などと妙に納得。
冬季オリンピックも昨日が閉会式、アスリートのハイレベルな戦いを楽しませてもらった。
でもそろそろオリンピックっていらないんじゃない、というのが率直なところで、競技はそれぞれ国際大会があるわけだからそこを中心にやっていくのがいいような気がする。
理由は二つ。まずお金がかかりすぎること、オリンピックで商売しようとしている企業がやたらと多くて大会を肥大化させている。
そしてもう一つ、オリンピックの政治的な利用があまりにひどすぎること。でも恐らく止められないだろうね、この流れは。

まぁそれはともかく僕はLiveに向けての準備に日々追われている。Liveで使用するソフトはAbelton Liveというソフトでそれにほぼ仕込んだものを頭から確認してる...ところがそこでまたあ〜でもない、こ〜でもないとアレンジ変更しているのでなかなか前に進まない。
一番悩むのが、ここ32小節は長過ぎないか、生で演奏しない部分が長過ぎないかとか、Liveでお客さんが退屈しないかなぁということ。
長年テレビの仕事をしてきたせいか、聴きにきてくれたお客さんを飽きさせたくないという思いが人一倍つよいんだな。
Liveは高校時代にロッキーホラーショウで来日していたレイナ・バートンのバックやってたのが最後だから...何十年も前だw
だからLiveでの感覚がどうも希薄で、ついついテレビの物差しを持ち出すのがいけないのかもしれない。でもってテレビは視聴者を飽きさせるのを一番恐れるわけで、その感覚が染み付いちゃってとれないのだ。
あとは回数を重ねて経験積んでくしかないんだけどね。

ちょこっとSNSでも発表したんだけど、
5月14日公園通りクラシックス、正式に決まりました!
オーナーの横田さんとお会いしてOKもらったんだけど、
料金などの詳細なメールがまだきてないよ。

公園通りクラシックスは、昔(1970年代かな)渋谷ジャンジャンというLive Houseで大学時代何度も足を運んだところ。当時最先端の文化の発信地だったわけで、津軽三味線の高橋竹山や現代音楽の三宅榛名とか高橋悠治とかいつも面白い企画をやっていて随分と刺激を受けたものです。渋谷が文化のけん引役をになってた時代だね。
今はサイズも小さくなってしまってちょっと寂しいけれど
そこでLiveができるというのはある意味感慨深いところでもあるんです。ということで頑張りマッス。

コメント


認証コード4383

コメントは管理者の承認後に表示されます。